浮気調査依頼時の注意点

浮気調査を依頼する際に注意すべきことについて解説しています。最低限これだけは抑えましょう。
MENU

目的を明確にする

浮気調査をする前に「浮気調査をする目的はなにか」を明確にしておきましょう。

  • 対象者が浮気しているのかどうかをハッキリさせたい
  • 離婚したいので浮気の証拠が欲しい
  • 対象者が浮気している相手はどんな人間なのか知りたい

他にも浮気調査をする理由は人それぞれです。
どのような結果を得るまで調査を続けるべきなのかを明確にしておかないと、期間が長びいて依頼料も上がってしまいます。

また依頼内容も変われば探偵が行う調査も変わるので、始めに「浮気調査をする目的」を自分自身が理解しなければいけません。

対象者の怪しい行動を記録する

探偵事務所に依頼すると1~2週間かけて浮気調査が行われます。
そのため対象者が浮気を行っているかもしれない期間から外れてしまうと、調査結果も曖昧になってしまいます。このようなことにならないよう、浮気調査を依頼する前に「この曜日は帰りが遅い」など浮気が疑わしい日時や期間をしっかりと把握しておきましょう。
また調査する期間が短ければ短いほど依頼料も安くなるので、料金に関しても疑わしい日時の把握は必要な準備です。

対象者・自分の情報を整理する

浮気調査を依頼してから、最初に探偵が行う「ヒアリング」。ヒアリングとは対象者や依頼主の情報について聞き取りをすることです。
ヒアリングのときに「嘘をつかない」ということはもちろん重要ですが、話せない事情がある場合には「その情報についてはここまでしか話せません」という意思を探偵に伝えなければいけません。探偵のヒアリングを受けるときに分かりやすく情報を伝えるために、依頼前に「この情報はすべて話して問題無し」「この情報はここまで」といったように情報を整理しておきましょう。

このページの先頭へ