優良探偵の見つけ方

浮気調査を依頼する際に最も重要なことは良い探偵と巡り会うことですね。具体的にどのようにすれば良い探偵と出会えるかご紹介。
MENU

良い探偵の見つけるポイント

 

オフィス・電話番号を持っている

浮気調査を依頼するのなら最低限オフィス・固定電話を持ってる業者にしましょう。

この2つを持っているかどうかはインターネットで検索して、地図に載っているか・電話番号を所持しているかでわかります。

オフィス・電話番号を所持しているかの確認のほかに、会社の規模や調査員が何人いるのかなども調べてみると良いでしょう。

浮気調査は個人でおこなうものではなく数人のチームを組んで待ち伏せなどをすることが多いので、あまりに調査員が少ないと証拠を逃してしまう可能性が出てきます。

 

浮気調査の内容・方法を詳細に教えてくれる

しっかりとしたオフィス・固定電話があり、調査員もじゅうぶんな人数いると分かったら訪問して相談してみましょう。

このときに自分がなぜ浮気調査をしてほしいのか・調査の対象者は誰なのかということを質問されます。そしてもし浮気調査をすべきだと業者と話が決まった場合には、浮気調査について料金などの説明を受けると思います。

このときに「浮気調査の内容」「浮気調査をおこなう方法」「使用する交通手段」「動員する調査員の数」などを詳細に聞いてください。

もし詳細に聞いて業者が曖昧な答えをするようであれば、手抜き調査をする可能性があるので依頼するのは考えなおしたほうがよいかもしれません。

 

浮気調査をしても問題が解決しない可能性も

浮気調査がバレて対象者が警戒する

浮気調査を実施して調査をしている最中は誰であっても、調査対象者を意識してしまったり対象者がいつもと違う空気を感じ取って浮気を一時やめる可能性があります。

どんなに浮気調査の業者がうまく尾行しても、人間というのはいつもと違う雰囲気に気付きやすいもの。

もし浮気調査を実施していることがバレると、警戒されて浮気の証拠がつかめない……。そうなると対象者に騙されたまま日々を送らなければいけなくなったり、裁判で慰謝料をとることもできなくなる……。

浮気調査がバレないよう、業者もあなたも最新の注意が必要です。

 

浮気調査を行ったことがバレて夫婦不和が起こる

もし調査を行った場合、浮気をしていなかったときには夫婦不和が起こらないに注意が必要です。

浮気調査をしていたことが対象者に知られてしまうと、自分を信じていないのかという思いを生ませてしまうことになりかねません。

そうなるとせっかく浮気の事実が無かったのに夫婦不和が起こってしまう可能性が出てくるのです。

浮気調査に問題が無かったのであれば調査報告書を絶対に見つからないところに隠すか、破棄するなどしましょう。

また浮気調査をしてしまったというような後ろめたい思いが生まれるかもしれませんが、そのような思いを行動に出してもいけません。

あくまで「いつもと同じとおりに」を心がけましょうね。

このページの先頭へ