慰謝料請求に必要になる証拠

浮気で慰謝料をとるために必要な証拠についてわかりやすく解説しています。浮気発覚で離婚する際には知っておきたい基礎知識です。
MENU
浮気調査を依頼する目的のひとつに慰謝料の請求があります。 しかし浮気調査をして事実確認ができただけでは、慰謝料の請求はできないのです。 横浜のデートスポットを二人で歩いていた。横浜で待ち合わせていた。 などでは浮気の証拠にならないのが事実。 納得のいく慰謝料を請求するために、必ず準備しておかなければいけない証拠を知っておきましょう。

離婚に関して慰謝料が請求できること

相手の浮気が原因で離婚することになった場合、精神的ダメージを受けたということを理由に慰謝料を請求することができます。 協議離婚の場合には双方が話し合って慰謝料の金額を決めるのですが、離婚裁判の場合には精神的ダメージを受けた側の人間が金額を決めて請求することができます。 相手の経済力・浮気をした回数・結婚していた期間なども視野に入れて金額を決めますが、慰謝料を決定するための正確な計算式があるわけではないので請求する側の意向が大きく関わってくるでしょう。 また注意しなければいけない点は、浮気行為から三年以上が経過すると慰謝料を請求する権利がなくなってしまうこと。 ですが離婚してから浮気が発覚した場合などは、三年以上経過していても慰謝料請求権が消えていないこともあるので弁護士など信頼できる人に相談してみると良いでしょう。

慰謝料請求までの流れ(浮気の相手に慰謝料を請求する場合)

①浮気調査業者に依頼する

浮気を証明するためには、肉体関係を持っているという証拠を用意しなければいけません。
浮気調査業者に依頼をするときには「事実確認ができた場合には慰謝料を請求したい」という旨を伝えておきましょう。

②浮気相手に連絡を入れる

浮気をしていた相手が何者なのかを調べましょう。電話番号や住所などがわかったら、請求書(通知書)を送るのが一般的です。
自分一人で手続きをするのは大変なので弁護士などに依頼することをおすすめします。
またもしも慰謝料を請求したい相手が自分のパートナーだった場合、こちらの手順を省いてもかまいません。
会う機会があれば直接、請求書(通知書)を手渡せばいいですし、別居している場合はそちらの住所に送れば良いでしょう。

③示談書を作成する

浮気の相手が示談に合意した場合は、慰謝料を請求する側・される側の双方が捺印。
その後、慰謝料を請求された人間は支払うことになります。

④裁判になる可能性もあり

示談が成立すれば良いですが、話がまとまらない可能性もあります。その場合には裁判を起こすことも視野にいれておきましょう。
多くの場合は「和解」を勧められますが、双方の話し合いで決まらなければ裁判長が結論を出すことになります。

*メールや着信履歴だけでは慰謝料は請求できない!

証拠として使える情報

領収書 ラブホテルなど肉体関係を感じさせるもの ○
レストランなど肉体関係を確認できないもの ×
メールまたはSNS 肉体関係があったと感じさせる内容 ○
日常会話や肉体関係を確認できないもの ×
写真または動画 肉体関係を写したもの ○
ラブホテルなどに出入りしているもの ○
利用履歴
(カーナビやクレジットカード)
女性用品の購入履歴 ×
デートスポットの検索など ×
浮気調査業者の報告書 ラブホテルに出入りする写真 ○
目撃情報を記載した報告書 ○

慰謝料の相場について

慰謝料を請求する際には明確になる基準がないので、それぞれの状況によって金額は異なります。

浮気をしたが離婚はしない場合50~100万円
浮気が原因で別居することになった場合100~200万円
浮気が原因で離婚することになった場合200~300万円

これらは一般的な相場なので浮気をされた側の人間の精神的ダメージが強いと判断された場合には、相場の金額よりも高くなる可能性も十分あります。

慰謝料を高くするには

浮気による慰謝料を請求する場合、その行為によってどれほど精神的ダメージを受けたかが重要になったきます。
そのためもし浮気をされたストレスで病院へ行ったなどの事実があれば、慰謝料を請求する際に相手に伝えましょう。
また病院で診断書を書いてもらうことも忘れないようにしましょう。

まとめ

「横浜のデートスポットに二人で出かけるなんて……」「横浜で待ち合わせしてる……」「横浜で撮影したツーショットがある!」
などなど横浜などのデートスポットに行っただけで浮気の事実を掴んだと思いがちです。
しかしそれでは慰謝料をとることは難しく、悔しい思いをしてしまう可能性大。
そうならないためにも浮気調査業者を利用することをおすすめします。
もしも疑っている相手が横浜に行くことが多いと感じるのであれば、その周辺の浮気調査業者に依頼しましょう。
横浜ことを一番知っているのは地元の浮気調査業者です。

このページの先頭へ